img-1

エアコン取り付けを施主支給しました

この間、家を大改造しました。



なにせ、大リフォームだったので、部屋の数も変わりましたし、壁紙まで全部貼り替えの大工事。


建設会社にお願いしてやってもらいました。


天井・床の素材、壁紙なんかは、業者さんと相談して、カタログから選んでお願いしたのですが、各部屋に取り付けるエアコンだけはそうしなかったのです。

普通は、照明も含め電気機器も業者の取引先カタログから選ぶことが多いと思うのですが、今回、型遅れのお値打ち価格エアコンをインターネットで見つけてましたので、安く済むこともあり、それを買いたいと思ったのです。



部屋数も変わりましたし、計5台ものエアコンを仕入れるようにしました。

あなたにぴったりの浦和の美容院情報は信頼性が高く、好評です。

業者で買うより本体価格的には大分安くなりそうでした。そこで、業者に施主支給をお願いすることに。
ただ、これを取り付けしてもらうとなると、工賃は別になります。
普通なら、業者指定の物を買うので、取り付け工賃込みで安くなったりするのですが、施主支給の場合は工賃も丸々かかるのです。
そうなると、総合的にどちらが得なのかですよね。実際、合計金額では施主支給した方がお安くなりましたので、結局はお願いすることにしました。

ただ、注意点としては、施主支給の場合、後々の修理保証など施工保証が受けにくいという事でした。

ねずみ退治の超音波の情報検索をお役立てください。

しっかりとした仕入れ先を自分で選ぶなどの対処が必要ですね。

気になるねずみ撃退の情報をお届けします。

後、自分で仕入れるというのは、目利きもありますし、中々大変なものでした。安くなる金額と照らし合わせて、上手に施主支給を取り入れていくのがお勧めです。

http://girlschannel.net/topics/757486/

注文住宅で家を建ててから数年が経過しています。

http://girlschannel.net/topics/456077/

室内外の設備などに関しては、今現在では不具合などは発生していない状態で、十分に綺麗な見た目を保っています。私の家の玄関ポーチには当初は何も無い状態でしたが、後に玄関フードを取り付ける工事を行っており、玄関は2重ドアのようなスタイルになっています。
その結果として郵便物などを私の家に届く際には、玄関フードのドアを開けることを必要としているために、屋外にポストを設置することを考えました。

ポストは住宅を建てる際に、ハウスメーカーの方から提案されたことがあるのですが、カタログ上では気に入ったものを見つけることができなかったために、保留にしてあった部分になります。

そのため、今回は施主支給を活用してポストを設置することを決めました。
ポストはインターネットを利用して画像で検索を行いました。

気に入ったものは通信販売で購入することができるので、いつでも手に入れることができます。
そこで工事依頼をする際に、事前に設置可能か否かを判断して頂いたのですが、工事は十分に可能との判断が下されたために、直ぐに購入しました。

施主支給の場合では、通常のリフォームなどでは入手することが難しいものでも利用することができます。

http://www.47news.jp/smp/topics/entertainment/oricon/culture/202421.html

私の場合では、輸入品の特殊なポストだったために、一般的には販売されていないものです。


工事費用は少し掛かりましたが、施主支給を活用したことには大きな魅力を感じています。


関連リンク

img-2

施主支給でカーテンの交換

生地類を専門に取り扱っている小売店で、生地選びをしてから、カーテンを作ってもらうことにしました。カーテンの取り付け工事は、小売店では取り扱っていないということでしたので、注文住宅の工務店に連絡をして、設置工事を依頼しました。...

more
img-3

施主支給でエアコン設置

中古物件の一戸建て住宅を購入しました。リフォーム済みの物件だったので、快適に入居できたのですが、エアコンは設置されていませんでした。...

more