img-1

洗面台を施主支給を選んで良かったこと

長年住んだ家の洗面台のリフォームをしたいと思ったのは、小さなひび割れに気付いた事がきっかけでした。よく考えると子供の頃からずっと使ってきたのですから、どこかガタがきていても当然です。そして、水回りのヒビというのはほっておくと、洗面所が水浸しになる危険性もあるので、早めに修理をしたいと思いました。

全体的に古くなってきていたしリフォームをしてしまおうと思ったのですが、業者で提示されるものから選ぶのではなく、自分で気に入った物を選んで取り付けたいと思いました。
そういう事はできないのかなと調べてみたら、最近は例えばトイレとか洗面台とか自分で購入し、業者に取り付けだけお願いする施主支給というのがある事を知り、自分の好みの洗面台を探し始めました。
こだわり出すと色や形だけでなく、高さや収納とかこだわりたい事はいっぱいあるんですよね。


それで、色々見て、自分が価格的にもサイズや形、使い勝手的にも満足がいく洗面台を購入し、施主支給で取り付けをして貰う事にしました。

リフォーム専門業者はこちらの施主支給のお願いに嫌な顔一つせず、取り付けをしてくれ、我が家の洗面所は理想通りになりました。
カタログなどで選ぶのとは違い、実際色んなところに自分で出向いて高さや使い勝手を確認して選んだ洗面台なので、使い心地はとても満足しています。
値段的な面だけでなく、そうしたこだわりを活かせた事で、施主支給を選んで良かったなと思っています。


トイレの室内が古くなってしまったことと、使用している便器を最新の機種に変えることを希望しており、この度施主支給を利用してリフォームを行いました。
施主支給を利用することになった原因は、リフォームを推奨している企業のパンフレットにありました。トイレのリフォームを安く施工して頂くためには、リフォーム会社が予め用意しているリフォームパックを利用することが最適と考えていました。ところが選択できる便器の機種が限られているために、都合が良いとは言えない状況です。

その結果として施主支給で工事を依頼することになりました。


すると格安で希望していた節水型の便器を見つけることができ、直ぐに住宅設備機器メーカーに連絡をして、施主支給にて工事を行うことを依頼しました。


選んだ便器は少ない水量で綺麗に流すことのできるタイプで、以前から欲しかった機種になり、カラーも希望によって選ぶことができました。


トイレのリフォームとしては、他にクロスとクッションフロアの張り替えも同時に行っています。クロスとクッションフロアに関しても、大型ホームセンターで購入した材料を使用して頂くことができたために、トータル的な経費は、リフォーム会社で設定しているパックの料金よりも安く済ませることができました。経費が余った部分に関しては、トイレのドアノブの交換費用に充てることもできました。

ドアノブは以前は握り玉式のものでしたが、現在ではレバー式にリフォームを済ませています。

パサパサの髪情報を多数ご用意したサイトです。

手ぶらのバーベキューに関して最新情報を教えます。

脱毛症の対処法の口コミ情報を掲載しています。

浦和の美容院情報の豊富さで有名なサイトです。

下北沢にある美容室に関する情報が満載です。

http://talk.m3q.jp/t/15324

http://allabout.co.jp/gm/gc/461227/

http://top.tsite.jp/news/interior/o/29317079/

関連リンク

img-2

施主支給でカーテンの交換

生地類を専門に取り扱っている小売店で、生地選びをしてから、カーテンを作ってもらうことにしました。カーテンの取り付け工事は、小売店では取り扱っていないということでしたので、注文住宅の工務店に連絡をして、設置工事を依頼しました。...

more
img-3

施主支給でエアコン設置

中古物件の一戸建て住宅を購入しました。リフォーム済みの物件だったので、快適に入居できたのですが、エアコンは設置されていませんでした。...

more