img-1

洗面ルームを施主支給でリフォームしたこと

傷みが激しくなってしまった住宅内の洗面ルームをリフォームすることにしました。

コウモリの駆除を調べるならこのサイトです。

希望しているリフォーム内容としては、我が家の洗面ルームには大きな石油給湯器が設置されているので、その背面に張られているクロスの張り替えや、天井の張り替え、床面のクッションフロアの張り替え、そして洗面台の交換になります。
リフォームの工事を行って頂く会社を選んだり、使用する資材を選ぶことが重要な課題となります。


ネットなどを活用して情報を収集した結果としては、リフォームの方法に施主支給というものの存在を知りました。

喫煙室のための情報を提供するサイトです。

そのため近隣にある工務店に相談したとろこ、施主支給での工事を引き受けて頂けることになったために、直ぐに仕事を依頼しました。

キャンペーン事務局代行の情報ならこちらで掲載されています。

我が家のケースでは、クロスと床材のクッションフロアに関しては、居住している地域にある大型ホームセンターで、気に入ったものを選択して購入しています。


洗面台に関しては、ネット通販を利用して格安で購入した輸入品を施主支給として用意することになりました。


以前は国内メーカーのシステム化されている洗面台を用いていましたが、今回は少しお洒落な見た目のもので、以前から憧れていたものです。洗面ボールや蛇口が洋風なもので、全体的にはシンプルな造りになっています。

脱毛症の対処法のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

通常の洗面台リフォームを行っている広告などを見ると、どれも同じような機種が用いられているので、施主支給を利用することによって、希望通りのリフォームを行うことができました。

人気のある自動車のリースが話題になっています。

建売分譲一戸建て住宅を購入して、家族と一緒に住んでいるのですが、高齢者になっている両親とも同居することになり、トイレを利用しやすいようにリフォームすることにしました。

二世帯同居向けに設計されている一戸建て住宅ではないため、あらためてバリアフリー対策を施工してもらう必要がありました。

https://4meee.com/articles/view/652541

手すりの設置は、工事は容易だろうと察しが付いたのですが、トイレのバリアフリーは可能なのかどうかが自分では分かりませんでした。
ホームセンターでトイレのリフォーム相談をしていましたので、バリアフリー対策が可能かどうかを質問してみました。


すると、設計図面を見ることで判断しやすくなると言われたので、設計図面を持って行きました。

すると、木造建築住宅で、柱と梁の構造体さえしっかりしていれば、かなりリフォームが可能なのだと指摘されました。

http://qa-top.tsite.jp/faq/show/7?site_domain=qa-discas

そこで、バリアフリー対策として手すりを設置して、便座が温かくなる機能を備えられるようにしました。
少しでも工事費の節約になればと考えて、施主支給で施工してもらうことにしました。

http://www.asahi.com/articles/ASJ1V7HJ6J1VIIPE037.html

ホームセンターで、施主支給よる工事契約の手続きも取り扱っていましたので、戸惑わずに済みました。
ホームセンターで新しいトイレを選んで購入し、手すりなどのバリアフリー対策の必要資材も購入して、ホームセンターと連携している建築設計事務所と、施主支給で工事の契約を締結しました。
資材の配送搬入日と、工事施工日が同じ日になるように、スケジュール管理は念入りに行いました。

気を遣うことが多かったものの、家族にとっても満足のいくリフォームになりました。

関連リンク

img-2

施主支給でカーテンの交換

生地類を専門に取り扱っている小売店で、生地選びをしてから、カーテンを作ってもらうことにしました。カーテンの取り付け工事は、小売店では取り扱っていないということでしたので、注文住宅の工務店に連絡をして、設置工事を依頼しました。...

more
img-3

施主支給でエアコン設置

中古物件の一戸建て住宅を購入しました。リフォーム済みの物件だったので、快適に入居できたのですが、エアコンは設置されていませんでした。...

more