img-1

施主支給工事には施工業者への事前通知と了解が不可欠

今までの便器を、気に入っているタイプの新しいマイコン組み込みのものに取り替えたいので、施主支給でトイレの改装を行うことになり、建築会社に工事を依頼しました。

トイレに限らず、施主支給で改装工事やリフォームなどを行う場合には、施工業者にあらかじめその旨を知らせておいて、了解済みの上で工事に入ることが肝要です。施工業者へのそうした事前の通知と了解なしで、契約を結んで工事開始という段になってから、そうした旨を告げた場合には、業者との間でトラブルになってしまうことがよくあるのです。


基本的に、施工業者の立場としては、改装や改築によって新たに導入する備品や設備などの商品も込みで、工事を行うことを前提にしていますから、そうした備品や設備は注文主の方で用意したいという場合には、事前にその旨を業者に通知しておいて、了解を取っておかなければ、いざ工事開始という段になってからでは、業者の方で用意してきた商品はどうなるのか、といったトラブルになってしまうのです。
そもそもが、改装工事や改築工事というものは、その程度の大小はあれども、注文主と施工業者との共同作業になるものですから、両者間の了解と納得がなければ、上手く行くものではないのです。従って、施主支給でトイレの改装工事を行おうとする場合にも、もちろん、このことは当てはまるわけですから、その旨を施工業者に事前に通知しておいて、了解を取っておかなければ、事が上手く運ぶはずはありません。

玄関ドアを古いタイプのものから施主支給を行って、新しいドアへとリフォームを行いました。
以前設置されていた玄関ドアは、暗いイメージの重厚感のあるタイプで、光を通さないものでした。私の家の玄関内は常に暗いものだったために、光を取り入れる小窓の付いた玄関ドアへのリフォームを希望していたものです。最初の段階ではリフォーム会社が宣伝をしているパンフレットなどを見てドア選びをしていましたが、色や風合いなどを含めて気に入ったものを探すことができなかったので、一般的には広く流通していないドアを施主支給として購入することになりました。勝手に購入しても、施工して頂くことができなかった場合では、困ったことになってしまいますが、事前にリフォーム専門業者に連絡をしており、施主支給での工事を承諾して頂くことができました。私の家はまだ新しいタイプの住宅で、使用されていたドアも傷みなどはありませんでしたが、今回導入した玄関ドアは、正面に向かって左側にステンドグラスのような飾り窓が付いているもので、玄関内には優しい光が入り込んでいます。


施主支給を利用したメリットはいくつもありますが、一番には、低価格で用いる材料を購入することができ、尚且つ普通の方法では手に入れることが難しいデザインやメーカーのものでも購入することができるところにあり、現在では非常に満足をしています。


今後もリフォームを必要としている箇所が出た場合では、再び施主支給を利用することを希望しています。

バーベキューのコンロ情報が絶対見つかります。

重機のレンタルの情報が詰まったサイトです。

福岡発の東京の特徴を紹介するサイトです。

重機のリースにはこちらのサイトが最適です。

個人輸入代行を詳しく調べるなら便利なサイトです。

http://girlschannel.net/topics/757486/

http://matome.naver.jp/odai/2141501936940612401/2141909462654628303

https://4meee.com/articles/view/652541

関連リンク

img-2

施主支給でカーテンの交換

生地類を専門に取り扱っている小売店で、生地選びをしてから、カーテンを作ってもらうことにしました。カーテンの取り付け工事は、小売店では取り扱っていないということでしたので、注文住宅の工務店に連絡をして、設置工事を依頼しました。...

more
img-3

施主支給でエアコン設置

中古物件の一戸建て住宅を購入しました。リフォーム済みの物件だったので、快適に入居できたのですが、エアコンは設置されていませんでした。...

more