• エイジングケア化粧品の概要と期待できる効果

    健康を維持するために体内では様々な成分が生産されているのですが、これらはいずれも限度があるので年齢を重ねるにつれて不足しがちとなります。

    すると、これらの成分が担っていた役割が滞るようになるので、身体には様々な不具合が生じることになります。



    この様な加齢によるトラブルを未然に対処するための行動のことはアンチエイジングと呼ばれており、医療を中心として運動生理学や栄養学、美容や音楽、芸術などの様々なジャンルで活用されています。

    例えば、飢餓状態に入った時にのみ活発になる「サーチュイン遺伝子」や、これを活性化させる作用を発揮するポリフェノールの一種「レスベラトロール」は、アンチエイジングに関連性が強いということで、近年急速に注目を集めています。

    このアンチエイジングの理念に基づき提供されているのが、エイジングケア化粧品という美容関連のアイテムです。



    主に、シミやしわなどの年齢を重ねるにつれて発症頻度が高まる肌トラブルの予防と改善を目的としており、加齢により不足しがちとなる潤い成分の「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」、ターンオーバーを活性化する「プラセンタ」などが配合されています。


    なお、エイジングケア化粧品は様々なメーカーから色々な商品が提供されており、ひとくくりに出来ないほど内容は多様です。



    ただし、加齢により発症しやすくなるトラブルを改善するという目的は共通しているので、エイジングケア化粧品は中高年世代の女性に特におすすめの内容となっています。