img-1

照明を施主支給でお願いしました

仏壇を入れるのを機会に、和室のリフォームをすることになりました。

博多で格安宿泊の情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

地元の建設会社に仕事を頼んでもよかったのですが、見積もりや仕事内容について、ある程度こちらのわがままを聞いてもらうためにもリフォーム専門業者にお願いすることになりました。

打ち合わせが進む中で「施主支給」という方法について教わり、これは、サービスの一環として特別なことではないと知りました。

イタチ退治を知りたい方必見の情報を集めました。

通常は施工会社によって、様々な商品ごとに取扱いメーカーや商品が限られている場合が多いのですが、この施主支給であれば、こだわりの逸品、お気に入りの商品を使ってもらうこともできますし、商品自体を安く購入することもできるのです。

福祉車両のレンタル情報選びを親身になってアドバイスいたします。

今回は、以前ショールームで見かけた時からずっと気になっていたオシャレな照明を和室に使いたいと思い、提案させてもらいました。

商品の規格や性能・機能が適合するか、また、取り付け後に不具合が生じた場合への工事責任範囲を契約に盛り込むことで施工が可能になりました。

工事の進捗状況に合わせて、気になっていた照明器具を取り寄せ、現物を見ながら取り付けに関する現場確認を行いました。結果は、想像していた以上の出来栄えで、照明の施主支給は大正解でした。
通常どおりに照明器具をカタログから選び、取り付け位置もお任せにすれば、それはお互いに楽ですし、トータルで見たときには施工費も安いのかもしれません。

ねずみ退治の方法についての情報はこちらです。

ですが、リフォームなど頻繁に行う機会もないのですから、少しの労力と手間をかけることで、オリジナルの空間が作れたことに満足しています。

新木場公園のバーベキューがオススメです。

私の趣味はアンティークショップめぐりです。


特にインテリア系が大好きで、休みになるとそうしたお店巡りばかりしています。

http://news.goo.ne.jp/article/abc/region/abc-20160825011.html

なんていうか昔の優れたデザインを見ていると、癒されるというか、心が豊かになる感じがいいんですよね。

http://jp.reuters.com/article/idJPT9N194018

今のデザインって、シンプルだとか機能性だとかそういうのを重視しがちで、それはそれでいいんですけど、やっぱりわたし的には繊細だったり華麗だったり、時にはポップだったりするそんなデザインが素敵に見えるのです。


それでこの前も、アンティークショップを見ているととても素敵なポストを見付けました。

懐かしさを感じ、でもとても可愛らしいそれにまさに一目惚れで、購入したまではいいのですが、いざ家に設置をしようとすると、自分では無理な事に気付きました。
こう、ネジで簡単に止められる物でもなく、それなりの工事が必要な感じで、知り合いのハウスメーカーに問い合わせてみたところ、施主支給でやってあげますよと言って貰えました。
施主支給とは、例えば今回のように私が好きなお店でポストを購入し、それの取り付けだけを業者が行うそうした感じの事だそうです。

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=MV20160822_1496615

だから安い設備をどこかで購入し、施主支給で取り付けて貰うととても得をする事も多いと説明を受けましたが、今の私にとって大切なのはポストです。


そして、業者さんにポストをつけてもらったところ、そのアンティークのポストだけが浮く事のないようにしっかり考えて設置して貰う事が出来て、そこはプロに頼んで本当に良かったなと思いました。

関連リンク

img-2

施主支給でカーテンの交換

生地類を専門に取り扱っている小売店で、生地選びをしてから、カーテンを作ってもらうことにしました。カーテンの取り付け工事は、小売店では取り扱っていないということでしたので、注文住宅の工務店に連絡をして、設置工事を依頼しました。...

more
img-3

施主支給でエアコン設置

中古物件の一戸建て住宅を購入しました。リフォーム済みの物件だったので、快適に入居できたのですが、エアコンは設置されていませんでした。...

more