img-1

施主支給でカーテンの交換

生地類を専門に取り扱っている小売店で、生地選びをしてから、カーテンを作ってもらうことにしました。
カーテンの取り付け工事は、小売店では取り扱っていないということでしたので、注文住宅の工務店に連絡をして、設置工事を依頼しました。
現物を自分で調達しておいて、取り付け工事だけを依頼することになるので、このようなスタイルは施主支給の取り扱いになるのだと説明されました。もともとのカーテンは、生地が薄くて、閉めておいても、夏は太陽光がまぶしく感じられてしまうことが多かったのですが、生地類を専門に取り扱っている小売店でオーダーしたカーテンは、生地の厚い、遮光タイプに仕上がりました。


薄い生地のものと比較しても、重さがあるわけですから、カーテンレールの補強が必要でした。

レールの耐久力を高めるために、レールそのものを交換することになりました。


最初は、取り付け工事だけの施主支給ということでしたが、レールの交換工事も依頼することになりました。


古いレールを取り外し、新しいレールを取り付けてもらったのです。レールはホームセンターで自分で購入してきました。


レールの耐久力に関しては、よく分からない部分がありましたので、ホームセンターの担当者に相談しました。


生地類を専門に取り扱っている小売店と、ホームセンターと、別々の店舗で購入したことになります。購入日も違います。

レールの取り付けに必要なネジ類も、自分で必要数を揃えておきました。施主支給は、必要に応じて別の店舗に足を運んだり、日程調整をする必要がありましたが、結果として好みどおりのインテリアになりましたので、大変満足しています。
気に入ったポストがありましたので、自分で購入して、設置工事のみを業者に依頼することにしました。
施主支給というスタイルでの工事です。


もともと小さな郵便ポストを門扉に設置していたのですが、台風などの強風で傾いてしまっていました。取付金具が変形してしまったため、傾いたままの状態のため、いずれは交換したいと考えていたのですが、どのようなポストが良いのか自分では、なかなかイメージが湧かなかったのです。
しかし、雨の日に、ポストに入りきらない大きな封筒が半分ささったままで、びしょ濡れになってしまったことがあるため、ある程度の大きめのサイズの封筒も、すっぽり入るサイズにしようと考えました。ホームセンターで、自分が希望するサイズがありましたので、パンフレットを頂きました。
住宅を建築してくれた工務店に連絡して、取り付け工事だけを行ってもらえないか交渉しました。すると、施主支給ということで、工務店の知り合いの中から工事を請け負ってくれる建築会社を紹介してくれるということで、工事を了承してもらえました。

ホームセンターで購入して、商品として先に自宅に配送しておいてもらいました。
自宅の玄関内に保管しておきました。それから工務店の人とスケジュール調整をして、古いポストの撤去と、施主支給による取り付け工事を行ってもらうことになりました。

工事当日には、工務店の人も来てくれ、住宅の定期メンテナンスと、門扉のメンテナンスを行ってくれました。



個人輸入代行情報に対応した情報サイトです。

あなたのご要望に応えるカーリース情報を厳選して紹介しています。

札幌のレンタルのカメラについての情報を簡単に探すことができます。

晴海ふ頭公園のバーベキューを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

http://top.tsite.jp/news/interior/o/29317079/

http://okwave.jp/qa/q1083981.html

http://talk.m3q.jp/?topic_id=3&page=49

関連リンク

img-2

施主支給でカーテンの交換

生地類を専門に取り扱っている小売店で、生地選びをしてから、カーテンを作ってもらうことにしました。カーテンの取り付け工事は、小売店では取り扱っていないということでしたので、注文住宅の工務店に連絡をして、設置工事を依頼しました。...

more
img-3

施主支給でエアコン設置

中古物件の一戸建て住宅を購入しました。リフォーム済みの物件だったので、快適に入居できたのですが、エアコンは設置されていませんでした。...

more